代表メッセージ


鶴岡 俊樹  

Toshiki  Tsuruoka

 

「4技能英語」教育研究家、「鶴岡式」英語指導法考案者

TESOL(英語教授法)修士

株式会社ユリシーズ英語教育研究所

代表取締役社長

 

鶴岡俊樹オフィシャルブログ


代表からのメッセージ、その①

皆さまはじめまして、株式会社ユリシーズ英語教育研究所、代表の鶴岡と申します。

弊社、採用募集サイトをごらんくださり、ありがとうございます。

 

ネイティブ教師?それとも日本人教師?

皆さんは、すでに英語を教えた経験があるかもしれませんし、これから英語教師になろうとしているのかもしれません。

 

そのいずれにしても、皆さんは日本人英語教師の本当の価値について、これまで考えたことがあるでしょうか。

 

日本人である自分は、英語教師としてネイティブ教師より劣っているのではないだろうかと、真剣に思い悩んだ経験はあるでしょうか。

 

ネイティブ神話

残念ながら、世界中の英語教育の現場において、「理想的な英語教師はネイティブ教師である」という「ネイティブ神話」が、いまだ根強くはびこっています。

 

「本物の英語」は、ネイティブ教師から学ばないと身につけることはできないと、英語学習者は考えています。

 

そしてノンネイティブ英語教師は、ネイティブ英語教師に対して劣等感をいだき、英語教師としての自分に自信が持てずにいます。

 

ここ日本でも…

ここ日本においても、状況は似たようなものです。

 

日本人教師よりネイティブ教師が圧倒的に好まれていますし、英語のネイティブというだけで、「プロ」の語学教師のスキルを持たない人間が、「ネイティブ講師」として高給で雇われています。

 

そしてそんな状況を、日本人教師自身もなんとなく「当たり前」と受け入れてしまっているように見えます。

 

日本人教師はおまけの存在?

でも、それでいいのでしょうか。

 

日本人教師は、ネイティブ教師よりも価値が劣るおまけのような存在なのでしょうか。

 

日本人教師が英語を教えることに積極的な意味などなく、日本の英語教育に貢献することなど、たいしてできないのでしょうか?

 

私の劣等感

私も、ネイティブ教師に対する漠然とした劣等感を、ずっと持っていました。

 

その劣等感から、TESOLの修士論文に「ノンネイティブ教師の役割」という研究テーマを選び、以来、日本人教師の存在意義について考えてきました。

 

そして2003年に最初の教室を開校してからは、自分の信じる「日本人教師ならではの教え方」を、現場で実践し続けてきました。

 

日本人教師は、ネイティブ教師と完全に対等!

その経験を通じて言えることは、

 

・日本人教師は決してネイティブ教師に劣るものではない。

 

・日本人教師の長所を活かして教えることができれば、とくに初級レベルの学習者を教える際、ネイティブ以上の力を発揮することができる。

 

・日本人教師は、日本の英語教育において中心的な役割を果たし、ネイティブ教師にはできない方法でそれに貢献することができる。

 

・理想的な英語教育とは、日本人教師とネイティブ教師が、たがいの長所を活かし、短所を埋め合わせながら、協力して教えることである。

 

ということです。

 

時代が求める、新たなタイプの日本人英語教師に

とは言っても、文法と読解に偏ったこれまでの教え方を続けていては、「ネイティブ神話」を打ち破ることはできません。

 

時代が求めているのは、グローバル化の進む世界で通用する「使える」「本物の」英語を教えることができる、新しいタイプの日本人教師です。

 

新しいタイプの日本人教師は、そのような英語の指導法を身につけていなければなりませんし、日本人教師の強みを活かした教え方もできなければなりません。

 

そしてまた、もっと英語力を向上させる必要もあります。

 

ユリシーズ独自の英語教授法

私たちユリシーズ英語教育研究所では、創立以来そのような「本物の」英語を教え続け、より良い英語教師になるべく、研鑽を続けてきました。

 

そして独自の英語教授法とノウハウを蓄積してきました。

 

私たちは、それを誇りとしています。

 

私たちの持つ力で、ともに日本の英語教育に貢献しよう!

日本人英語教師は、日本の英語学習者を手助けできる大きなポテンシャルを秘めています。

 

私たちと一緒にそのポテンシャルを発揮し、日本の英語教育に貢献しましょう。

 

皆さまの持つ英語力と英語学習者としての経験を、どうか後輩の学習者のために役立ててください。

 

 

日本人教師の有用性について、代表執筆の記事を読む

日本人教師による英語教育を!

【論文】ネイティブ教師VSノンネイティブ教師

 

代表からのメッセージ、その②

もうひとつ、皆さまにお伝えしたいことがあります。

 

私たちがいちばん大切にしていること

英語、英会話教室の運営会社として、私たちユリシーズがいちばん大切にしていることは、英語を教えることを通して、人と社会に貢献することです。

 

皆さんがそうであったように、英語ができるようになれば、その人の世界は確実に広がります。

 

英語学習の先輩として、今度は皆さんに、日本人英語学習者の未来の可能性を広げるお手伝いをしていただきたいのです。

 

なぜ英語を学ぶのか?

そもそもなぜ、英語を学ぶのでしょうか?

それは国際理解のためだと、私たちは考えています。

 

受験の必須科目だからとか、会社の昇進に必要だからとか、あるいはアメリカやイギリスなど特定の英語圏の文化を知るために英語を学ぶのではありません。

 

その先に、世界中の人々との理解を深めるという目的があります。

あたりまえのようですが、英語学習のこの本質的な目的を忘れてはならないと思います。

 

国際理解とは

国際理解とは、かんたんに言えば世界の人たちと友達になることと言えるかもしれません。

 

そして、ひとたびだれかと友達になれば、その人と争いをしようと考えるでしょうか。

 

なるべく争いたくないと考えるはずです。

 

心の通じ合っている「友達」なのだし、相手も自分と同じ、生身の人間だということがわかっているのですから。

 

英語教育はすばらしい仕事

ということは、英語を学ぶことは、この世の争いを少なくし、最後は世界の平和につながっていくのではないでしょうか。

 

私たちは、英語教育は世界の平和にすら貢献できる、すばらしい仕事だと考えています。

 

「外国人に道をきかれて、教えることができた」「海外旅行で、英語でショッピングできた」「テストの点がすこし上がった」…ふだんはこんなちょっとした成果でもいいのです。

 

生徒さんの夢の実現をお手伝いしながら、自分も一緒に成長していきたい…

 

このような想いをもつ方と、ぜひ一緒にお仕事がしたいと願っています!